革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療費控除の範囲はかなり広いです

ビル

健康保険を用いて医療を受けると、指定された負担割合分を支払って、領収書が交付されます。
そのため、年度末に行う確定申告の医療費控除の申請では、負担割合分の領収書が必要になるのです。
しかし、そうした健康保険の負担割合分以外でも、医療費控除の対象はたくさん存在します。
例えば、少しの風邪くらいであれば、医療機関を受診せずに、市販の風邪薬で対応することもあります。
また、打ち身をした場合にも、市販の湿布を購入して、対応することもあるのです。
こうした市販の医薬品の購入に要するものも、対象の範囲に含まれています。
あるいは、頭痛がある場合には、鍼灸治療を自費で受けることも、珍しくはありません。
鍼灸治療は、健康保険が適応になることもありますが、多くは保険外になります。
そうした鍼灸治療に要した治療費も、対象の範囲に含まれているのです。
このように、医療費控除の範囲はかなり広いので、よく調べて申請することが大切です。

イベント会社を探す手間省きます!

アップの家庭教師で勉強を楽しく

キャッシング 金利

キャッシングで重要視するポイントは?

関連ページ

ほほえむ女性

医療費控除の対象を健康や安全対策の費用にも広げてほしい

毎年恒例の確定申告の時期が到来します。
自営業やフリーランスの人はもちろんのこと、住宅ローンを

医療費控除の適応範囲

医療費控除が適応されるのは、医療費が10万円を超えた時だけです。
しかし、保険診療の一部負担金

確定申告の医療費控除

医療費控除とは、1年間で医療費がたくさん掛った人に対し、申告する事によって税金の負担が軽くなる制度で

「医療費控除」を受けて「還付金」を受け取ろう

「医療費控除」とは、自己又は生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合、一定の