「医療費控除」を受けて「還付金」を受け取ろう

ビル

「医療費控除」とは、自己又は生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることを言います。
その要件はその年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であることと、納税者が自己又は生計を同一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費をあることです。
この医療費は原則として病院で保険適用の範囲で受けた治療費について対象になりますが、例えば病院に通院したときの交通費も対象に含まれるので、何が医療費に含まれるかよく確認する必要があります。
そして医療費の対象額は、自分と家族の合計額が10万円を超えた部分から200万円までが対象となります。
ただし所得が200万円未満の場合、年間所得の5%を超えた部分が対象です。
さらに保険金などで補填された場合は、その金額を差し引く必要があるのです。
「医療費控除」の申告には確定申告書申請用紙、還付金を振込んでもらう銀行の通帳、源泉徴収票の他、医療費に関わる領収書やレシートや交通費の領収書などの提出が必要です。
なお提出先は自分の住所地を管轄する税務署です。